CG1stM001 1級キャリア技能士 実技面接対策 オリジナルロールプレイ音声逐語付き

CG1stM001 級キャリア技能士 実技面接対策 オリジナルロールプレイ音声逐語付き



1級キャリア技能検定の面接試験はどんな風に実施されるのか、当日どうやって進めればいいのか
指標となるものが、ほぼ公開されておらず、受検生を悩ませています。
面接ケースを分析することが大切ですが、まずはどのように面接を進めるのかを
中山アカデミーのオリジナルケース音声で勉強されてみてください。

よくわからない試験に何度ロールプレイ練習を繰り返しても無駄になってしまいます。
面接試験はどんなものか知り、合格するためのロールプレイの基本形を知り、
参考音声を聞くことで、一人でも受検対策するこが可能となります。


【マニュアル目次】
◆1級面接試験対策オリジナルロールプレイ・マニュアル逐語メモ付
第1章 1級面接試験実施方法について
第2章 1級面接試験の評価について
第3章 中山アカデミー1級ロールプレイ基本形
第4章 ロールプレイ音声を使った勉強方法
第5章 オリジナル・ロールプレイケース内容
第6章 逐語記録

◆ロールプレイ音声 ケース1(企業領域)
◆振り返り音声 ケース1
◆ロールプレイ音声 ケース2(需給領域)
◆ロールプレイ音声 ケース3(教育領域)

付録:オリジナルロールプレイでは、私中山が実際に手書きしたメモがありますので参考にしてください。

1級面接試験と同様の30分の指導ロールプレイ音声を一つの指標としてお使いください。
音声だけでなく、逐語記録もついておりますので、しっかり勉強することができます。

そして、私の1級キャリア技能士面接試験の指導方式は
オリジナルケースの参考音声のようにある程度型が決まっており、
質問事項のポイントは以下となります。

【SVが事例相談者(CC)に確認していくこと】

■ケース事例にある事例相談者(以後、CCと呼ぶ)が
相談したいことを読み上げて、今回の指導面談でCCが相談したことを改めて確認する。
■面談事例の時期
■CCの環境(業務経歴)について
■相談者の自己理解:
■相談者の仕事理解
■相談者の中長期ビジョン
■相談者の環境
■CCが面談でプロセスを意識して進めていたかの確認

かなりベーシックな進め方で、キャリア理論が出てきたり
問題点の指摘もすごいなという視点というより、基本的なことだなという指摘です。

これを30分で全て訊きなさいということではなく、状況に応じて使ってくださいという意味です。
全て質問するのは30分では無理ですし、質問攻めになってしまいます。
ただロールプレイをするのではなく、その準備をいかにするかが大切です!

再受検生であれば、この教材を読むことで、
体験した試験の意味が ようやく理解できるようになると思います。
面接に対しての対策が見えない、初受験生さんにもおすすめです!
ぜひ、ご活用くださいね。


※教材はすべてダウンロードしていただきます。
初めて中山アカデミーの教材ご購入検討されている方はまずこちらをお読みください。
◇初めて中山アカデミーの教材購入を考えている方へ(ブログ記事)
http://ameblo.jp/nakayamasupport/entry-12071543929.html
販売価格 16,200円(内税)
型番 CG1stM001

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

中山アカデミー代表より

キャリアコンサルタント・産業カウンセラー試験受験対策の「お困りごと」を無くしたい。それが私の想いです。

私自身がキャリアコンサルタント・産業カウンセラー試験を受験した時、過去問も公表されず、模擬試験も市販されていない中で試験対策にかなり苦労しました。

そこで、「あの時、こんな教材があったらよかったのに」と思える教材を実際に作り、これからキャリアコンサルタント・産業カウンセラー試験を受験される方のお力添えができたら。…そんな想いで受験対策教材の販売をスタートさせ、現在に至っています。

おかげさまで、これまで数多くの合格者の方々よりお喜びの声を頂戴しております。

これからも、キャリアコンサルタント・産業カウンセラーとして活躍されたい方のために、毎年の試験合格を効果的にサポートしてまいります。